クロマリン印刷
HOME > クロマリン印刷 > クロマリン印刷のカラー

クロマリン印刷のカラー

作業段階にて色相と濃度の調整が可能な、クロマリン印刷のカラー。これにより、鮮やかな色使いで正確な印刷を施すことが可能です。
また、色相濃度にばらつきがないため、1度カラーを標準化すればムラなくその色を再現することが可能です。

クロマリン印刷カラーの特長

クロマリン印刷カラーの特長

クロマリン印刷は、トナーを使用して色付けしていきます。
このトナーは、顔料でつくられているため、印刷インクよりも容易に色合わせができます。
また、混合したトナーをそのまま保存することにより、いつでも同じ色相を正確に再現することができます。
さらには、紫外線に強い特殊加工した顔料を使用しているので、従来のものと比べて数倍の長期にわたり褪色することがありません。

中長期的に使用するパネルなどにはもってこいの印刷技法といえるでしょう。


クロマリン印刷で使用可能な色

多色を使用したクロマリン印刷物

クロマリンカラートナーは、プロセスカラーはもちろん、メタリック、蛍光色、特色などのカラーが豊富にあります。
さらに、このトナーは混合することで、どのようなインクの色も作成可能。色に対するお客様の様々なご要望にお応えすることができます。

※プロセスカラー… 印刷において基本となるC(シアン)、M(マゼンダ)、Y(イエロー)、K(ブラック)をさす
※特色… 始めから調合された色。金、銀などがそれ


クロマリン印刷とは|クロマリン印刷のカラー|クロマリン印刷開発秘話

ページトップへ


東京都のシルク印刷なら
株式会社シルク巧芸
〒116-0001 東京都荒川区町屋1-27-6  TEL:03-3895-4690 FAX:03-3809-1710
E-MAIL:info@silk-kougei.co.jp URL:http://www.silk-kougei.co.jp